2008年03月07日

意外と良かった前期型BGレガシィ

08-03-07_17-05.jpg

 昨日、水曜日に落札したレガシィWを引取りに行った。もう

一度、チェックをしてから、搬出した。ガソリンが少なくなっ

ていたので、近くのガソリンスタンドで給油する。不具合なく

ちゃんと走るか心配だったが、オイル漏れはなく、エンジンの

調子もとても良く、足廻りもしっかりしており、思った以上に

状態がいいようだ。首都高を走ったが、加速はスムーズで、A

Tのすべりもなく、気持ちよく運転ができた。平成8年式の前

期型のBGレガシィであるが、走りに関しては在庫車の後期型

と大差はないような気がした。

 車内に古い社外のナビ・テレビが付いていたが、配線の接触

不良のためか、モニターが映らず、修理が必要のようだ。又、

ターボタイマーも付いており、これは正常に機能する。前後の

ワイパーのゴムが劣化していたので、ワイパーブレードを交換

した。他に気なるところはなく、あとはオイル交換をする程度

である。来週中に書類が届けば、すぐに販売をしようと思う。
posted by pau at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。